読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさ自炊体験記2(終)

ものぐさゆえに自炊体験記も2で終わりとなってしまった。

1か月間のレンタル期間を終えて、200冊余のコミックの自炊が完了した。

前回の記事に加えて気づいた点等がいくらかあるのでここに記録しておく。

・スキャン時の重送は、紙質によっても発生頻度に違いがある。
 80年代から90年代初めごろの比較的古いコミックでは、重送が頻発した。
 スキャナのクリーニングを頻回に行っても、重送はなくならなかった。

・大型裁断機の、刃の右側にある取っ手のような金属の棒?は
 常に起こした状態で作業を行うべきである。

 ただの取っ手だと思って、寝かせたまま作業を行っていたら怪我をした。
 刃に爪をひっかけ、気づく間もなくそのまま手を引き上げたところ
 爪が一部欠損してしまった。刃の切れ味は非常にするどいので十分に
 気を付けるべきである、という教訓を得た。戻らない爪と引き換えに。
 結局その怪我の後は、怖くて裁断作業は全部夫に任せてしまった。

・返却時は元の通り箱に梱包し、運送会社に集荷をお願いする。
 今回、集荷を待つのが面倒だったので、車で運送会社に持ち込む事にした
 のだが、17キロの荷物を車まで運んだ夫曰く「腰にキた」と。
 やはり無理は良くない。

 

終わった後の本棚は随分すっきりした。あとは大量の古紙を回収業者に持ち込めば、家の中もすっきりすると思う。
今回のレンタル返却後に、実家に置いていたコミックを整理・処分し、
うちいくらかは来年またレンタルした時に自炊するよう段ボールに詰めてきた。
来年もよろしくお願いします。

プラスモイストP3

プラスモイストP3